テスト
テスト
テスト




HOME

戻るお受験用写真撮影
 写真撮影の時期は、8月と言われています。経験したことを言いますと、確かに夏休み中にお受験用証明写真を撮っておいて正解でした。
その理由は、

@出来上がりの写真の良し悪しで、再度写真撮影が必要になる可能性がある。
A9月は、健康診断や志望校等の学校説明会・催し物が開催される。
B10月には、面接の練習、願書の提出が待っている。


といった、これまでに経験ないスケジュールが目白押しになるからです。

 以上から、まだ余裕があり家族での時間を都合しやすい時期に撮影するべきとなるのです。

 小学校受験用写真撮影ですが、非常に暑い経験をしましたが8月の撮影で正解でした。(^^)V

 では、どの様な方法で撮影したらいいのでしょうか?

■写真はお見合い用

 学校側とのお見合い写真として、考えたほうがよさそうです。写真の出来栄えで学校側へ与える印象が変わることを認識して、写真撮影してもらいましょう。

 お受験用の写真を専門に扱う撮影所がありますから、必ず調べておいて信頼・経験のあるところで撮影してもらいましょう。
写真は、デジタル化されてますので修正は容易です。しかし、実物と写真とのギャップが大きいと問題になりますから注意しましょう。とにかく利発・可愛く撮ってもらいましょう。

願書には、学校によって本人のみの場合と家族全員の写真を要望される場合があります。どちらになっても良いように両方を用意しておくとよいでしょう。

 夏に冬の服装での写真撮影なので、撮影用の服装を撮影所に持ってゆくことをお勧めします。夏に冬の服を着て撮影場所まで行くと当然ですが汗だくになります。大概の撮影所には、更衣室があります。

 ちなみに、撮影時間は、おおよそ1時間を要します。すっごく疲れた記憶があります。

 何故なのか、パパもママも不思議と疲れてしまいました。


■撮影時の服装は、本番も同じ

 服装は、男の子の場合は、白いシャツに手編みの紺のベストに紺の半ズボン。女の子の場合は、髪はショートなどよく言われますが経験上関係なさそうです。ただ、紺のスカート。スタンダードの格好であれば問題ありません。
 
 とにかく、目立たない格好。普通のお受験スタイルを心掛けましょう。

 面接の際の服装を参考にすると良いでしょう。

 経験上では、本番の面接試験には、撮影に使用した服装、髪型が良さそうです。写真と子どもの顔を交互に見ていました。

 両親も同様ですので、子供ばかりに注意が行き過ぎて、自分のことを忘れないようにしましょう。


Copyright(c)2007小学校お受験とは!/お受験の合格テクニック All Rights Reserved.