テスト
テスト
テスト




HOME

戻るお友達と遊ぶには
 ここでは、お受験をするためのアドバイスを紹介するのではなく、入学後に、どの親も心配する友達との付き合い方について紹介します。
 親としては、友達との付き合い方法が悩み事の一つになると思います。

 入学してみると大した悩みではありませんが、お友達とどの様にして遊ぶのか?不安になると思いますので、ちょっと紹介しておきます。

 ちょっとでも安心して頂いて、お受験に専念して頂ければと思います。

 しかし、下記内容は1つの例ですので、全てのお子さん、親御さんに該当するとは限りません。よって、念頭に置いて頂ければと何かの役に立つと思います。

 私立小学校に入学し、親として一番悩んだのが友達とどの様に遊ぶかです。入学してから1年生くらいまでは、近所の幼馴染と楽しく遊ぶことができます。

 子供によって違うかもしれませんが、子供間で徐々になんとなく遊び方や考え方が違ってくるようです。そして、近所の友達は、近所の友達同士で遊ぶようになります。

 子供に聞くと同じ学校の友達と遊んだ方が楽しいと言います。

親としては、とにかく悩みは色々あります。では、友達と遊ぶのにはどうするか?

 近くには、当然同じ学校の友達はいません。電車やバスなど公共機関を使わなければ友達のところにも行けません。

 低学年では、一人で行かせることは出来ません。

 そうなると、家の中に居る遊びしかできなくなります。こんな状況でいいのかなぁ〜と、親としては頭が痛いです。(;_;)

さて、どうしましょう?



 低学年では、定期的に友達の家に連れて行ったりと、お互いの家を行き来したりしました。

 特に重要になるのが、お母さん方との連絡が出来る体制を作ることです。ですから、PTAの様なものに出席する。

 一番お薦めするのが、一年生の時に一緒になった友達のお母さん方とメル友ライン友になる。

 低学年の時は、お母さん方と連絡を密にして行動することが重要なのです。


とにかく、子供以上に、お母さん方の行動力が重要になるのです。

 低学年の時は、学校からの連絡が子供から正確に伝わることも少ないです。特に男の子をお持ち親御さんは、本当に伝わらないようです。

 春休み・夏休み・冬休み・受験休み等。特に私立の小学は、市立等と違い受験休みがあります。ですから、なんとなくお休みが多いようにも感じます。

 休みごとに海外へ行く方もおりますが、父親は休みが合わないので、大概は母親同士が連絡しあい、休み中の計画を立てます。

 高学年になると、自分達で遊びの計画を立てたりと勝手にしてきますので、親は低学年と違い振り回される様になります。(^^;)

 ですが、友達と遊ぶ量は、少ないので習い事に行かせるのが多いようです。我が子も多分に漏れずです。

私立の子供たちは、やっぱり遊ぶ量が少ないのか!基礎体力が低い!データーにも歴然として表れています。

 さて、どうでしょう。ここまで読んで頂いてどう思いになりましたか?

不思議ですが、高学年になると近所の友達と再び遊び始めます。高学年になると考え方が近所の子も変わるようです。認め始めるのでしょうか?

 親が悩んでいるよりも子供は順応性が良いようです。

 私は、出来る限り休日には遊びに外に引っ張り出します。ですが、子供としては満足出来ていないようです。

やはり、友達と思いっきり遊びたいと言います。

 ですので、お友達と遊ぶには

@近所のお友達とは、高学年くらいから再び遊ぶようになる。それまでは、
A親も親同士友達を作る。
B長期の休みは、友達と遊ぶ計画を親が率先して立てる。
C習い事は、ちょっとはさせることで、その習い場所で友達を作る。

 入学後は、このようなことが重要になるでしょう。このようなことを肝に銘じておけば、何ら怖いことも悩むこともありません。

Copyright(c)2007小学校お受験とは!/お受験の合格テクニック All Rights Reserved.