テスト
テスト
テスト




HOME お問い合わせ

戻る小学校お受験のお受験までのカレンダー
 小学校のお受験として、私立をターゲットとにしている場合、だいたい10〜11月が受験の本番であると考えていいでしょう。
国立は若干遅いので、私立を基準にして考えてカレンダーは作成しています。
また、地域によっても違いがありますから、ここでは東京近郊での説明になります。
 私が一年間を通して、感じたことや学んだことを紹介していますので、ちょっと年々違いが出てきているかもしれません。ですが、大体の流れは変わらないと考えています。
 実際にお受験が始まると一生懸命ですから、一年間があっと言う間に感じます。ですから、計画的に進めるようにしましょう。ですが、あまりに計画的にすると子供は付いてこれなくなるので加減が必要となります。この辺が難しいですね。

 さて、それでは何時頃からお受験に対して取り組んでいかなければならないのか?概略的な内容にてカレンダーを説明致します。


【10月】

 お受験の1年前の10月から幼児教室が入室説明会を開催し始めます。11月が幼児教室の新年度となるからです。

次年度に年長に上がるお子様をお持ちの両親、特に母親が情報を得ようと模索する時期でもあります。

教室を選ぶ際は、十分に情報を得てからにして下さい。情報を得れば得るほどに、お受験の裏が分かってくるものです。



【11月〜12月】

 お受験に対し、これと言って大きな動きはありません。しかし、教室では、11月中旬以降からお受験の合格発表が順次報告されるようになってきます。この私立小学校には、何人。この私立小学校には、何人と言う感じで!子供が通う教室から何処の私立小学校にに何人受かったのか非常に興味をもつ時期でもあるといえます。

 幼児教室では、初歩のお受験の為の勉強がスタートします。線が真っ直ぐ引けるか?同じ絵が描けるか?等です。



【1月〜3月】

 幼児教室では、早い所では模擬テストがスタートします。徐々に勉強のレベルも上がり始めます。自宅での勉強も習慣ずいた頃とも言えます。

 家庭では、親として徐々に受験させるか否かを真剣に考え始める時期でもあり、お父さんの存在が重要になる時期とも言えます。



【4月〜5月】

 幼児教室では、勉強のレベルが中級へと移行し始める時期とも言えます。勉強も両手を使うところから片手で問題を解くようになりつつあります。

 家庭では、真剣にお受験の事を考えなければならない時期といえます。早い所は、この時期から学校説明会を行ない始めます。ですので、より一層に両親で真剣にお受験のことで話さなければならない時期となります。

例えば、@受験を本当にするかしないかA我が子が通うであろう公立の状況を確認するB通学距離は等をです。

たぶん、この時期が始めて真剣に子供のことを考えて夫婦で悩む時期だと思います。けっして、夫婦の仲が悪くならないように互いに大人の感情で話し合って下さい。



【6月】

 幼児教室では、勉強のレベルが中級と完全に移行します。模擬試験もコンスタントに行なわれ、実践さながらとなります。家庭の宿題も増えます。そして、学校説明会の情報も入り始めます。

 家庭では、夫婦揃って学校説明会に赴いたり、手分けして学校説明会へ行きます。学校の様子や設備・施設を見ると良いでしょう。学校説明会に行くことで夫婦して実感が湧いてくるものです。

とにかく、公立と私立の違いを感じ取る良い機会です。




【7月】

 幼児教室では、徐々に能力の差が見え隠れし始めます。しかし、この差はこの時点では意味をなさないので親として焦る必要はありません。子供の能力は、今日と明日で飛躍的に変化します。そんな時期が誰にでも必ずあります。

模擬試験は、実際に学校を借りて行なうケースが始まります。

当然ですが、夏期の講習の日程、内容の説明が始まります。

家庭では、夫婦の会話が多くなるかと思います。当然ですが子供の行く末や教育方針についてですね。家庭の教育について、まとまりつつある時期であると言えます。8月前には決めておきたい所です。



【8月】

 幼児教室では、受験生に大切な講習が目白押しです。補習授業、補強授業等です。とにかく、毎日ペーパーの問題集解くことをを欠かさず取り組むことになります。当然家庭においてもです。

 中には、塾が主催する夏合宿というものがあります。高原の涼しいリゾート地で行われたりするものです。普通の幼児教室は、2週間ほどの夏期講習が行われるのが普通のようです。ちなみに夏期講習だけで、費用として30万円前後となる場合もあります。

 模擬試験も始まります。本番へ向けて子供を慣れさせる上でも模擬試験を経験させことをおすすめします。面接の模擬試験もありますから親としても良い経験になります。

夏休みを如何に過ごすかで子供の能力も変わってきます。この時季は、親としても一番頭を悩ませ非常に忙しくなります。健康管理には十分気をつけたいものです。

家庭では、遊びも忘れずにさせることが必要です。友達とも遊ばせるようにします。本当に大変ですが時間を区切って、計画的に一日が終わります。

 また、お受験の写真撮影もこの時期に行います。個人写真・家族写真です。お受験の服装で写真を撮りますから、写真撮影のスタジオには着替えを持ち込んで撮影となります。

 撮影スタジオは、お受験の経験のある所を選ぶことです。いろいろとノウハウを持っていますから安心して任せることができます。

 願書には、第一印象が大切ですよ。本番の面接には、この願書を見ながら面接しますからね。



【9月】

 幼児教室では、勉強のレベルが上級へと移行し始めます。徐々に実践的な問題を解くようになります。今までしてきた問題に応用が加わります。正解率がガクンと下がります。時間を区切って問題を解くようになります。

家庭では、第一志望、第二志望等夫婦での考えを再確認し、纏めておきます。また、夏の疲れが出ますから体調管理が難しくなります。



【10月】

 幼児教室では、志望校に沿った問題を解くようになります。再び基本に戻ったりと色々と変化をもたせます。

また、願書の書き方の説明・面接時の服装等、様々な事柄が同時に動き始めます。面接の試験練習では、夫婦が呼び出されたりします。徐々に、神経質になってきます。

家庭では、幼稚園の行事を再確認します。受験日と重なることが季節柄多いからです。子供には、どうやって説得させるかを考えておくのも良いでしょう。

体調管理は、本当に神経を使います。



【11月】

 私立のお受験が本格化し始めます。

子供は幼いながらも何時もと違う雰囲気に重要であることを感じ取ります。試験の前には、ちゃんとできたら好きなものを買ってあげる、好きなものを食べに行こう等言って集中力を促します。

親は、面接で落とされてはと緊張してしまうものです。あんがいに子供のほうが面接が上手だったりします。とにかく夫婦して慌てないようにしてください。真剣であれば試験官はちゃんと見ています。

 お受験を通して、夫婦、家族の成長がこれほどまでに実感できることはないかと思います。

どうぞ、子供、夫婦共に楽しんでお受験に当たって下さい。



HOME お問い合わせ

Copyright(c)2007小学校お受験とは!/お受験の合格テクニック All Rights Reserved.