テスト
テスト
テスト

HOME お問い合わせ

小学校が望む子供>小学校側が望む理想の親


 子供の発育は、個人差が有りぺーパー試験だけでは、特徴や良いところを見極めることは非常に難しいのです。

自分の子供でさえ、発育段階にありますから資質を知ることは難しいかと思います。
私は、今だに子供資質を掴み切れていません。(^^;)

ですから、教育の専門である学校側としても大変難しいのです。そうなると、学校側が見極めるのが親になってくるのです。資質を見極めることが、イコール子供の資質と考えるのです。

子供が悪い行動をとっていると、一般的に「親の顔が見たい」と思うものです。あなたも思いませんか?

学校側も同様で、子供の資質を知るには、親の顔が見たいのです。
親の顔を見て満足するのではなく面接での受け答え・雰囲気から親の資質を見抜きます
社会性や性格が穏やかであるか、情緒的に安定しているか、教育観・仕事観も含まれ問われます。

入学後、私も経験しましたが、家庭の協力を学校側も強く望んできます。保護者会では、毎回「宿題や勉強を見るように、早く寝かせるように」など、今の時代では、教育の邪魔と言っていいかもしれないスマホやタブレットの使用方法についても、保護者への協力を説かれます

この様に学校は、家庭に大きな期待をするわけです。ですから、学校と家庭の一体化を強く望むのですから、自然と家庭を仕切る父親や母親の資質を選考の基準に入れるのも当然なのでしょう。

親の言動は、子供は見ていないようでしっかり見ています。子供は親の鏡ですから、親として恥を書かぬ言動を持つよう、子供と一緒に親も成長したいものです。

HOME お問い合わせ

Copyright(c)2007小学校お受験とは!/お受験の合格テクニック All Rights Reserved.